LINE Pay カードのレビュー、au WALLETと比較。同じようなカード au WALLETを使っていた私の感想。

linepay_au-wallet

2016年3月24日にLINE Pay カードが登場しました。すでに同じようなプリペイドカードau WALLETをもっているのですが、私も気になったのでLINE Pay カードをレビューしたいと思います。

LINE Pay カードとは?

まず最初に決済サービスLINE Pay とLINE Payカードを混同してしまいそうなので最初に解説しておきます。

決済方法としてLINE Payというサービスは以前からありました。今回新たに発表されたのは、LINE Payカードというプリペイド式クレジットカードです。
LINE PayとLINE Payカードの違いを簡単に説明すると、

  • LINE Payとは決済サービスの名称です。PayPalのような決済サービスです。

対して、

  • LINE Payカードというのは実物のプリペイド式クレジットカードの名称になります。実店舗でも利用できるプリペイド式のクレジットカードです。

LINE_Pay

以前からある決済方法 「LINE Pay」

LINE_Pay_Card_4designs

あらたに発表された「LINE Pay カード」

LINE Payカードと同じようなカードとして、au WALLETやおさいふポンタというようなカードがあります。これも同じプリペイド式のクレジットカードです。プリペイド式のクレジットカードの特徴は、電子マネーのように事前に金額をチャージしてから使うというのが特徴です。事前にチャージすればあとは普通のクレジットカードと同じように使えます。

LINE Pay カードにはどうやってチャージすればいいの?

LINE Payカードへチャージする方法は、「銀行口座」「コンビニ」「チャージ専用口座」「Pay-easy」からチャージできます。クレジットカードからはチャージできないようです。

普段からクレジットカードを利用しているユーザーからするとクレカチャージできないのは痛いですね。私もクレジットカードでチャージしようと思っていたのでこれは残念です。

私は普段の買い物はau WALLETカードを使っていますが、今後はLINE Payカードの利用も考えています。

au WALLETのときのようなポイント二重取りはできない?

au WALLETはクレジットカードでチャージするとポイント二重取りのようなことが可能でしたが、LINE Payカードはクレジットカードからチャージができないのでポイント二重取りはできません。まあ、LINE Payカードはそもそもポイント2%もある高還元率カードなので、ポイント二重取りを考えなくてそのまま使っても非常に高還元です。

 

LINE Pay カードのポイント還元率は2%

普段のコンビニなどでの買い物でLINE Pay カードで支払いをするとポイントが2%付きます。100円につき2%のポイントが貯まります。さらに1000ポイント以上貯まるとLINE Payにポイントをチャージすることができます。

貯まったポイントがLINE Payにチャージできるということはこれは非常に利便性が高いと言えます。普通のクレジットカードの場合だと、貯まったポイントをポイント交換するときは非常に手間がかかりました。

そういう手間はLINE Payカードの場合ないように思えます。貯まったポイントをLINE Payにチャージできる点でポイント交換の手間はかからない印象を受けます。

貯まったLINEポイントはLINE STOREなどでも使える

貯まったLINEポイントは、LINE STORE、LINE FRIENDS公式オンラインショップでのお買い物代金として1ポイントから利用が可能です。また、お友達同士の送金や、LINE Pay加盟店でのショッピングにも利用可能です。

LINEポイントは現金化できる

貯まったポイントは現金化することも可能なようです。
もともと、LINE Pay残高は指定の口座から出金して現金化することは可能でした。出金するには手数料が216円かかります。

貯まったLINEポイントはAmazonギフト券などにも交換できるようになるらしい

今後はAmazonギフト券、nanacoポイント、Pontaポイント、WAONポイントなどにも交換が可能になるようです。

でも、そもそもLINEポイントは1000ポイント貯まったらLINE Pay残高にチャージできるのでわざわざAmazonギフト券に交換することもないとは思います。

LINE Payカードのセキュリティー面、補償はあるの?

やはり、LINE Payカードは無料のプリペイドカードなのでセキュリティー面やサポート体制に不安はあります。

たとえば、au WALLETの場合は、auスマートパス会員であればau WALLETへの不正利用、盗難などに遭っても補償が適用されました。LINE Pay カード自体にはそのような補償はないのですが、決済サービスLINE Payには補償があるようです。

“万が一”の不正利用や架空請求も、LINEが補償
全ての送金・決済・出金が補償の対象NEW!(最下部)
http://official-blog.line.me/ja/archives/22019801.html

LINE Payカードを落としたらどうすればいいの?

もしLINE Payカードを盗難にあったり、紛失してもすぐにカードの利用停止手続きができるようです。LINE Pay内の、設定>LINE Pay カード>カードステータスから利用停止手続きが可能。

Q:★LINE Pay カードを落としたらどうすればいいの?(下から2個目の質問)
http://official-blog.line.me/ja/archives/57780422.html

LINE Pay カード支払い直後にLINEに通知が届く

LINE Pay カードはセキュリティー面で優れている点もあります。
LINE Pay カードで決済するとLINEに通知が届くので、仮に第三者にLINE Pay カードを不正利用されたとしても不正に気づきやすいです。

LINE Pay カードの2%ポイント還元がいつまで続くのか?

2chスレなどをのぞいてみると、LINE Pay カードの2%の高い還元率はすぐに終了するだろうという意見が多いです。
確かに2%の高還元率は驚異的なのですぐ終了してもおかしくないです。
私も2%の高還元はすぐに終わるんじゃないかと予想しています。
もし、仮にずっとこの2%高還元率が続くのであれば史上最強のカードであることが言えます。神カードです。

漢方スタイルカードやリクルートカードプラスなどの高還元クレジットカードが還元率改悪や募集終了になるなか、LINE Pay カードという新たな高還元カードが現れました。厳密に言うとLINE Pay カードはプリペイド式クレジットカードなので普通のクレジットカードとは比較することはできないですが、既存のポイント高還元を謳ったクレジットカードからすると脅威だと思います。

プリペイド式のクレジットカードの利点

最後に、思ったこと。

LINE Pay カードにかぎらずプリペイド式のクレジットカードの利点などを書いてみたいと思います。

私は、普段のコンビニなどでの買い物は主にau WALLETで決済しています。

au WALLETもLINE Pay カードと同じようなプリペイド式のクレジットカードですが、非常に便利です。
何が便利かというと明細の反映が早いのでお金の管理がしやすいのです。

普通のクレジットカードは明細が反映するまでに非常に時間がかかったりして、明細確認するのが非常に煩雑になりがちです。対してau WALLETのようなプリペイド式のクレジットカードの場合は、決済か完了したらすぐに明細が見れるので明細確認作業が楽です。

家計簿などをつけている方は、ぜひ電子マネーやプリペイド式のクレジットカードの利用をおすすめします。明細の反映が早いのでお金の管理がしやすいです。

明細管理で気になる点は、LINE Pay カードの場合だとPCから明細(決済履歴)が見れないようなので若干管理しにくいように思えます。

対してau WALLETの場合はPCからもWeb明細が見れたり、CVSダウンロード機能もあるので明細管理する点では優れています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク